Stellar(ステラ)結婚相談所 - あたらしい出会いをステラから

甲府・八王子・つくば・横浜の結婚相談所なら短期成婚実績のステラ

年中無休お問合せ通話無料0120-300-663

ブログ

最新の東京の婚活事情 12 May. 2021

東京都の最新婚活事情を掘り下げます。

 

出会いの場が多い東京都の婚姻率は全国トップ。

47都道府県の中でも人口が多く、出会いの場も多い東京都の婚姻率は全国で1位というデータがあります。

 

東京都の婚姻率が高いのは様々な見方がありますが、結婚適齢期の他の道府県の男女の多くが東京都に住んでいるという見方があります。

 

しかし現在、東京都で婚活している人の意見では、出会いのチャンスが多いと実感する機会がないと感じています。

東京都で婚活しても、なかなか出会いに恵まれない、理想のパートナーが見つからないという人が多いようです。

 

東京では様々な婚活イベントが開催されています。

 

新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言下においても「オンライン婚活」などが行われましたが、婚活を続けていくうちに、街コンや婚活イベントでは確実な出会いができないと不安になり、「東京都だけではなく、幅広いエリアからお相手を探したい」とか「婚活のプロのアドバイスが欲しい」という理由から、結婚相談所を選択される方が増えています。

 

東京都に縛られず、自分にあったお相手を見つけるために、近県を対象者エリアと捉え婚活をすることが、結婚への一番の近道だといえます。

 

地方での婚活も選択肢に。

東京都で婚活をしている人で、地方で婚活をする人が増えています。

地方の農村などで体験農業婚活イベントに参加したり、地元の婚活パーティーに参加する人も多くなり、都会の慌ただしさを離れ、田舎の静かな空気が美味しい場所で暮らしたいと思う人も増えてきました。

 

最近では、新型コロナウイルス感染症対策を意識して、近県への移住などを考える人も多くなりました。

 

いずれにせよ、地方での婚活を視野に入れることが、大切なのです。

 

このように、恋愛や結婚につながる出会いの場のバリエーションが増える中、自分に合った婚活スタイルを選択することが素敵なパートナーに出会う近道になるのだと思います。

 

データから読み取る最新婚活の特徴

婚活実態調査2019(リクルートブライダル総研)によると、20~40代独身男女の約7割強の方が「現在、恋人がいない」と回答、その理由として、男女共に「出会いがないから」「どこで出会えばいいのかわからない」という回答でした。

 

恋人がいる2割強の人は、どこでどのように出会いを見つけたのでしょうか。

 

また、国立社会保障・人口問題研究所「第15回出生動向基本調査(2015年)」と「結婚と出産に関する全国調査」によると、見合い結婚は全体の5%であり、未婚者の多くが恋愛経験をして結婚しています。

 

2015年当時は、自分の身近にある中から出会いを見つけている男女が大半を占めます。

 

「第15回出生基本動向調査(2015年)」では、男女共約2割が「職場や仕事で出会った」と回答。社会人である未婚者にとって、もっとも身近な出会いの場です。

 

同じ職場の場合、信頼感が生まれ交際に至るケースが多いのです。この調査では、出会いから結婚するまでの平均交際期間は約4年と記しています。

 

しかし、徐々にこの流れが変わっていきます。

今後、職場での出会いは減っていきます。

 

その要因として、コンプライアンスの強化による職場環境の変化が挙げられます。

社内規範ルールを守ろうとすればするほど、職場の人と距離を測り、親密な関係にならないようにしなければなりません。

 

そして、社内恋愛をすることへの心理的負担感です。

最初からリスクを避けて、公私の人間関係を分けたいと思う人が増えてきているようです。

 

結婚相談所の利用者が急増

職場やビジネスの場での出会いが減る中、結婚相談所を利用する人が増えています。

 

実際に2018年に結婚相談所を通じて結婚した人は12.7%(リクルートブライダル総研)と過去最高の結果になりました。

この調査では、結婚する人の約8人に1人は結婚相談所を利用して結婚していることになります。

 

結婚相談所ステラでは、成婚実績が多数ございます。

 

専任のコンシェルジュ(仲人)が、会員様を親身にサポートし、成婚へと導いてまいります。

私たちコンシェルジュ(仲人)と二人三脚で婚活を始めませんか。

 

お問い合わせは0120-300-663へお気軽にお問い合わせください。

back_to_top